サービス案内

中堅・大企業向け税務会計顧問

中堅・大企業特有の悩み

近年IFRSへのコンバージェンス等の影響により、日本の会計基準自体も非常に複雑かつ難解なものとなってきています。特に、注記等の開示様式については、高度かつボリュームが増大する傾向にあります。上場親会社を持つ子会社であれば、会計処理は上場会社並のものを求められ、自社内でのリソースでは対応しきれない場面も多くなってきています。
また、税務面についても、法定実効税率、繰越欠損金制度、組織再編税制等の改正により、ますます複雑なものとなってきました。

私たちの提供するサービス

私たちの提供するサービスラインは、新しい会計基準導入への対応、開示書類の作成支援、中堅・大会社特有の複雑な税制改正への対応、IFRSへの対応、監査法人による会計監査への対応等があります。弊社では公認会計士と税理士とがチームを組むことにより、税務及び会計の両面でのサポート体制が構築されています。是非外部専門家の利用をご検討ください。

下記のような事項についてご相談ください。

①新しい会計基準が来期から適用されるが、どのように計算、計上してよいかがわからない。
②原価計算の仕方がわからない。
③自社の工場に減損の兆候があるが、どのように認識・測定すればよいかわからない。
④毎期の税制改正の具体的な内容を、自社に必要な項目に絞ってかみ砕いて案内してほしい。
⑤税率差異分析ができない。
⑥注記表の作成の仕方がわからない。毎年見直すことなく昨年と同じ注記の仕方をしている。
⑦今度親会社がIFRSを導入する予定だが、自社は何をすればよいのかわからない。

私が担当します

武石 悠希

武石 悠希

正社員募集|マイナビにてエントリー受付中!