トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

「でんさい」ってご存知ですか?

「でんさい(電子記録債権)」ってご存知ですか?
一言でいえば、「電子版の手形」です。
手形と同じように、
(1)売掛金などの決済に使え、
(2)裏書きして他の業者への支払いにも使用でき、
(3)割引して資金繰りにも使用できる
という優れモノです。

それどころか紙の手形と異なり、必要な金額を必要な分だけ分割して裏書き、割引が可能で、たとえば今までのように下請け業者の支払に利用するために、何枚にも分けて手形を切ってもらう必要もありません。

その上「でんさい」は、発行手続きは簡単、印紙は不要、郵送も不要、銀行振り込みと同じですから領収証も原則不要、紛失・盗難の心配もなく、銀行に対して取立依頼も不要と良いところづくめです。

ファクタリングと似ていますが、ファクタリングは財務状態の良い大会社のみ利用が可能であるのに対し、「でんさい」は私たちでも利用が可能です。逆にいえば「でんさい」で受け取ったからもう代金回収は100%安心というにはいかないところも受取手形と同じです。

でんさいは当初5月スタートの予定でしたが、システム点検を理由に延期されました。しかしこれは銀行も望むところであり、近日中にサービス開始となることでしょう。

長野県では八十二銀行、長野銀行、松本信用金庫、県信などが取扱う旨の表明をしていますから、いま手形を発行したり、受け取ったりしている会社は、メインバンクの担当者にどのようなサービス内容になるのか詳細を聞いてみられると良いでしょう。

最新記事一覧へ

アーカイブ