トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

社長のための経理知識 18 やり直しの損失

お客様にそばをひとつ出そうとして、床にひっくり返してしまいました。すぐに作り直しましたが、もうひとつ作ってお客様にお出ししたことによる損失はいくらでしょう。そばの原価構成は次のとおりです。

原価構成
売値 700円/枚
材料費 210円
諸経費 80円
原価合計 290円
利益 410円

答え → ①210円 ②290円 ③410円 ④700円

どの答えもそれなりに理屈はあると思いますが、この場合、正解は条件により2つです。

1つは210円です。
普通のお蕎麦屋さんの場合はコレ。そのお客さまにお出ししたそばの材料費が2倍になってしまったと考えればすっきりしますね。

もうひとつは700円です。
売り切れ御免のお店だとすれば、そば1食分の売上が減ってしまいますね。また繁盛店であれば1回転分の売上がフイになりました。こういうお店の場合売上ベースで損失が出ますね。

やり直しによる損失を、整理して考えると、自社の商売の仕組みや原価の積み上がり方が見えてきます。御社で社員が失敗した場合、どんなロスがどう出てくるか真剣に考えてみましょう。業種業態によって異なります。ちなみに当社の場合、残業代に跳ね返ってきます。

最新記事一覧へ

アーカイブ