トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

社長のための経理知識 9 PDCAサイクルを回す

いきなり何を今さらと言う質問ですが、月次決算はなぜ必要なのでしょうか?

1. 会計事務所が毎月来るから仕方なく。
2. 毎月処理したほうが決算のときに楽になるから。
3. 月次を見ながら、経営に有効な打ち手をうっていくため。

月次決算は定期テストの結果です。
得点と偏差値を見ただけで、答案を捨ててしまっては、その後良い成績など残せるはずがありません。間違った箇所を丹念に見直し、成績が悪い場合は、勉強の仕方を変えてみるなどフォローすることがきわめて重要なのです。大切な点は、目標を達成するために、自分の弱点から目を背けないことであります。
成績のよい受験生ほど、悪いところはないかと目を皿のように探し、探した弱点を克服するのに積極的で、悪い人ほど消極的なのは、企業の場合も同じです

つまり世に言うPDCAのサイクルを回して欲しいのです。

1. PLAN:目標設定し、それを実現するための活動計画を立てる。
2. DO:計画を実施し、その実績を測定する。
3. CHECK:測定結果を評価し、結果と目標を比較するなど分析を行い、改善点を明らかにする。(ここに月次の意義がある)
4. ACTION:実際に改善活動を実行する。

最初は1,2でOKです。でも、できれば早いうちに3に移行し、PDCAサイクルを高速回転させましょう。

最新記事一覧へ

アーカイブ