fbpx

トピックス

ビジネスレター

月刊院長先生

消費税増税前にやるべきポイント

消費税が平成26年4月から8%に引き上げられます。実施されるまでに、必ず以下の5つのポイントを検討しましょう。

1.近い将来、設備投資や修繕が必要なものはありますか?
消費税が上がる前に購入することはベタな対策ですが、少なからず効果があります。近い将来、購入の予定がある設備等は増税前の購入を検討しましょう。
ただし、自動車については消費税増税に合わせた自動車税等の減税が検討されており、増税と同等の自動車税等の減税を受けられる可能性があります。

2.医薬品や医療材料などについて増税前の仕入れを検討していますか? 
1と同様ベタな対策ですが、やはり効果があります。医薬品の有効期間、保管場所等を考慮し増税前の購入を検討しましょう。

3.自費診療について価格転嫁を検討していますか?
健康診断、予防接種、歯科医院でのインプラントなど消費税の対象となる診療について、増税後の価格を検討しましょう。

4.レセプトコンピュータの対応は万全ですか?
自費診療などの価格変更がスムーズに対応できるか、事前に確認しましょう。

5.増税後の経費の増加額を予想しましたか?
社会保険診療が収入の大半を占める診療所では、増税分の仕入等の経費が増加することになり、その分利益が減少します。特に院内処方の診療所では、その影響は多額になることが予想されます。利益を減らさない対応を検討しましょう。

※上記は医業収入のうち大半が社会保険診療の診療所を想定しています。

最新記事一覧へ

アーカイブ

新型コロナウィルス関連の支援策について