トピックス

ビジネスレター

月刊院長先生

医療機関を受診するまでの期間

患者さんが、体調に異変を感じてから医療機関に行こうとするまでに、どのくらいの時間がかかっているでしょうか。厚生労働省の平成23年度受療行動調査から、医療機関を受診するまでの期間に関するデータをご紹介します。

自覚症状が出てから来院するまでの期間(表1参照)は、1週間以内に受診すると答えた人が全体の43.8%(「24時間未満」15.1%、「1日~3日」17.6%、「4日~6日」11.1%)であるのに対して、1週間以上経っても受診しなかった割合は全体の42.8%(「1週間以上1カ月未満」18.3%「1カ月以上3カ月未満」11.5%、「3カ月以上」13.0%)となっています。
受診までに1週間以上かかった理由(表2参照)については、「まず様子をみようと思った」が62.6%と圧倒的に多く、次に「医療機関に行く時間の都合がつかなかった」という回答が多くなっています。仕事を持つ人にとって医療機関での受診時間をつくることは難しいこともありますので、症状によっては受診を先延ばしにすることも考えられます。

参考にしてみて下さい。

最新記事一覧へ

アーカイブ