トピックス

ビジネスレター

月刊院長先生

医療機関のホームページ

厚生労働省から「医療機関のホームページに関するガイドライン」が公表されました。
従来より、ホームページは広告規制の対象外となっていましたが、今回も同様に規制の対象外となりました。しかし、患者を不当に誘因する虚偽又は誤解を与える誇大な表現により、不安をあおるような掲載はしないよう求めています。

指針の対象は、インターネット上におけるホームページ全般であり具体例は以下の通りです。
 1.ホームページへ記載すべきでない事項
   (1)内容が虚偽にあたるものや、客観的事実であることを証明できないもの
      「絶対安全な手術」といった医学的に困難な表現
   (2)他との比較等により自らの優良性を示そうとするもの
      「日本一」「No1」「著名人も推奨」といった優良性を誤認させる表現
   (3)内容が誇大なものや、医療機関にとって都合が良い情報等の過度な強調
      医療機関にとって有利となる体験談のみの強調
   (4)早急な受診を過度にあおる表現や、費用の過度な強調
      「キャンペーン中」「期間限定」といった表現や、費用の安さの過度な強調
   (5)患者の不安を過度にあおり、受診を促すものなど
      「こんな症状があれば命に関わります、今すぐ受診ください」といった誘導
 2.ホームページに記載すべき事項(自由診療のみ)
   自由診療を行う医療機関は、通常必要とされる治療内容や費用、
   治療のリスクや副作用
などを積極的に掲載するよう求められています。
     
自院の情報を提供していくためには、ホームページが限られた媒体となりますので、指針を考慮した上で最大限に活用していく工夫が求められます。

最新記事一覧へ

アーカイブ