トピックス

ビジネスレター

月刊院長先生

人材派遣の活用

医療機関や介護福祉事業では、急な職員の退職や事業拡大による職員増員のため、求人を必要とすることが度々あります。このような場合、職業安定所を通じて求人を出したり、医院長先生や職員のツテを使って職員を探していますが、なかなか集まらないのが現状のようです。また、職業安定所や県看護協会の担当者の話でも、現在は売り手市場となっているため、医療・福祉の有資格者の求人は極めて困難な状況にあるとのことです。

そこで、求人募集の一手段として「人材派遣の活用」をご紹介します。
人材派遣には人材の派遣と紹介があり、
① 医師・薬剤師・看護師などの医療系有資格者を始め、ケアマネジャー・ホームヘルパーなどの介護福祉系の有資格者も含まれています。
② 緊急・短期間などの活用も可能です。
③ コストが高くつきます。
紹介の場合の紹介料  紹介者の年収相当額の10%
派遣の場合      看護師で時給2,800円以上、ヘルパーで時給2,000円以上

しかし実際には、人材派遣会社でも十分な人材を確保できていないこともありますので、即時対応といかない場合も考えられます。

詳細については、当事務所担当者又は下記までお願いいたします。

ワタキューグループ  株式会社 メディカル・プラネット
0263-98-3716 担当 西澤

最新記事一覧へ

アーカイブ