トピックス

ビジネスレター

総務の達人

65歳以上への雇用保険適用拡大

平成29年1月1日より、雇用保険の適用範囲が拡大されました。
これまでは、65歳以降も雇用保険に加入するのは、65歳前から加入している人のみで、65歳を過ぎてから新たに加入することはありませんでした。今回の改正によって、週所定労働時間が20時間以上であれば、65歳を過ぎた人も「高年齢被保険者」として新たに加入することが必要となります。

平成28年以前から雇用している労働者についても、今回の適用拡大の対象となりますので、65歳以上の労働者がいる会社では、資格取得が必要な者がいるかどうかの確認を行なってください

なお、65歳になる年度以降の雇用保険料は、引き続き平成31年度までは免除となります。それまでは給与から控除しないようご注意ください。
改正に伴う手続きは以下のとおりです。

    • ①平成29年1月1日以降、新たに65歳以上の者を雇入れる場合
      ⇒ 雇入れの日から被保険者となるため、通常どおり翌月10日までに資格取得の手続きをします。

 

    • ②平成28年以前に65歳以上の者を雇入れている場合
      ⇒ 平成29年1月1日付で被保険者となります。平成29年3月31日までに資格取得の手続きをします。

 

  • ③65歳前から引き続き加入している場合(高年齢継続被保険者)
    ⇒ 自動的に「高年齢被保険者」に切り替わりますので、手続きは不要です。
最新記事一覧へ

アーカイブ