トピックス

ビジネスレター

親方の経営手帳

労災事故に対するリスクヘッジ

建設業に関わる皆さまにおかれましては、日頃から労働災害の発生防止に尽力されていることと思います。ではどのくらいの確率で労働災害が発生するかご存知でしょうか。労働者1,000人あたり9.4人が労働災害の被災者になるといわれています。意外に思われるかもしれませんが、交通事故の被災者は1,000人あたり4.5人となっており、労災事故は交通事故よりも発生率の高い、より身近な事故なのです。

政府の労災保険には皆さま既に加入されていると思いますが、政府の労災保険に加入しているので労働災害が起きても金銭面については安心だと思っていませんか。だんだんと複雑化している労働環境においては政府の労災保険だけではカバーしきれないリスクも増えています。幅広く取り扱える労災の上乗せ保険をご存知でしょうか。

労災の上乗せ保険とは (例)

  • 〇パワハラ・セクハラ・不当解雇に対する法律上の賠償責任を補償
  • 〇役員、個人事業主は、業務外の時間も含め24時間保険の対象となる特約
    (ゴルフ中のケガなども対象になります。)
  • 〇従業員の業務中の地震・噴火・津波によるケガも対象
  • 〇「経営事項審査制度」のポイント加点
  •   etc

現代の労働現場では、業務上発生した労働災害に対する賠償金が高額化しており、雇用形態や事業の多様化により昔では考えられなかったリスクが発生しています。
今一度労働災害リスクに対する補償が十分であるかを考えてみるのも大切ではないかと思います。

出典:総務省統計局「就業構造基本調査結果」、警察庁「交通事故の発生状況」
最新記事一覧へ

アーカイブ