トピックス

ビジネスレター

親方の経営手帳

信州健康エコ住宅助成金

県は平成28年度から平成29年度まで、県内の戸建て新築住宅に対する経済支援措置として「信州健康エコ住宅助成金」制度の運用を開始しています。
これは、基本基準に省エネ基準(平成25年基準)に適合し、県産材(信州木材認証製品)を使用するなどの要件に該当する住宅に30万円を助成し、さらに5つの選択基準を設け1つ該当するごとに10万円の加算を受けられ、最大で80万円の助成が受けられる制度です。今年度は105件の募集を予定しており4月15日から来年2月15日まで受け付けています。(予定額に達した時点で終了)
この制度を営業のツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

<基本基準>1~8のすべてに適合する場合に、30万円を助成
① 一戸建ての住宅(または店舗等の床面積が1/2未満の店舗等併用住宅)
② 木造住宅
③ 住宅部分の床面積が75㎡~280㎡
④ 県内に主たる事務所を置く者が施工
⑤ 一般向けの住宅見学会を実施
⑥ 住宅部分が省エネ基準(外皮性能基準及び一次エネルギー消費量基準)に適合
⑦ 県産木材を15㎥以上かつ延べ面積1㎡あたり0.12㎥以上使用
⑧ 設計者及び工事監理者が住宅省エネルギー設計技術者講習会を修了

<選択基準>下記の1つに該当するごとに、10万円を助成
① 県産木材を20㎥以上かつ延べ面積1㎡あたり0.16㎥以上使用
② CASBEE-戸建(新築)でS評価
③ ふるさと信州・環の住まいの認定住宅
④ 工事請負者の被雇用者である若手大工とその指導者が施工
⑤ 県外から県内へ移住

※詳しくは、長野県のホームページ「信州健康エコ住宅推進事業」参照

最新記事一覧へ

アーカイブ