fbpx

トピックス

ビジネスレター

親方の経営手帳

省エネ住宅エコポイント

省エネ基準を満たす住宅の新築またはリフォームをした場合にポイントが付与される住宅エコポイント制度が、「省エネ住宅エコポイント」と名称を変えて復活しました。

「省エネ住宅エコポイント」とは、省エネ性能を備えた住宅を新築したり、リフォームをした場合に、ポイント(1ポイント=1円)が発行され、商品の交換や追加工事に充てることができる制度です。平成26年12月26日以降に契約し、平成28年3月31日までに着工する住宅が対象です。ただし予算枠に達した段階で締め切ることもあるそうです。

新築で付与されるポイントは前回同様一戸あたり30万ポイントですが、内容は前回から拡充され、新築の分譲住宅が対象に追加されました。
またリフォームは新築と違い、窓や床等の断熱改修などの工事内容ごとに加算され、最大で30万ポイントとなる仕組みです。さらに耐震改修をすれば15万ポイント上乗せされ、最大で45万ポイントになります。
リフォームについては、工事内容に応じ一工事あたり3千~12万ポイント(前回は2千~10万ポイント)と前回よりアップしています。また、省エネ機能を搭載した給湯機や節水型水栓などの設備も対象になりました。さらに、トイレや浴槽をリフォームする場合、前回は窓や床などに断熱性を施すことが条件でしたが、新制度では省エネ設備の改修だけでもポイントの対象になります。

新築やリフォームを検討中のお客様は、すでに情報を掴んでいると思われますので、要望に対応できるように準備しておきましょう。

最新記事一覧へ

アーカイブ

新型コロナウィルス関連の支援策について