トピックス

ビジネスレター

総務の達人

若者チャレンジ奨励金

今年度より新しく「若者チャレンジ奨励金」という大型の奨励金制度が創設されました。かなり使いやすい奨励制度で、問い合わせも多くいただいております。
 簡単に内容を説明すると、まだ職業経験の少ない若者を正社員として雇用することを前提に、職場内での実習や座学なども交えながら訓練を受けさせた場合、その訓練期間中は毎月15万円、正社員となった場合は、さらに100万円を助成してくれる制度です。

【対象者】 
●35歳未満であって、その分野で概ね過去5年内に正社員として3年以上継続雇用されたことがない者
●正社員ではなく、非正規社員(有期契約労働者等)として雇用している(する予定)の者

【訓練奨励金】【正社員雇用奨励金】
●訓練実施期間に訓練受講者1人1月当たり15万円
●訓練終了後に正社員とした場合 1人当たり1年経過後50万円、2年経過後50万円

【訓練内容】
●自社内での実習と座学を組み合わせた訓練
●訓練期間3ヶ月~2年
  
まだ、経験の浅い若い従業員を新たに雇い入れた場合は、どこの企業であっても最初の6ヶ月程度は先輩などと一緒に研修訓練をするのが一般的だと思います。その間の給料を助成してもらえ、一定レベルに達したと認めた段階で正社員にすればいいので、企業としても雇用する上でのリスクを非常に軽減できる制度です。この制度を利用するには事前に労働局へ訓練計画等を提出する必要があります。予算に限りがありますので、詳しくは当事務所担当まで早めにお問い合わせください。

最新記事一覧へ

アーカイブ