トピックス

ビジネスレター

総務の達人

なかなか手強い電子申告5,000円控除

所得税の<b>確定申告を電子申告すれば、税金が5,000円減額</b>されます。
平成19年分か平成20年分の<b>いずれか1回</b>減税が受けられ、年末調整を済ませた給与所得者でも、ただ電子申告し直せば減税が受けられます。

と言うとインターネット環境が整ったパソコンで申告すれば簡単に減税が受けられそうなイメージですが、現実はなかなか大変です。<b>5,000円減税を受けるためには、この他に①電子証明書付き住基カードと②ICカードリーダーライタが必要</b>だからです。

<b>①住基カードの取得</b>(交付手数料 1,000円)
窓口は市町村役場ですから、<b>平日の、限られた時間に、役場まで、本人が出向かなければならず、しかも発行できるパソコンが各役場1台というのが現実です。</b>したがって確定申告時は、かなりの混雑が予想されます。来年もチャンスありですから、申告時期以外での電子証明書付き住基カードの取得をお勧めします。

<b>②ICカードリーダライタの取得</b>(価格 数千円程度)
今回の減税以外でも電子納税等で活用できます。

<b>なお当事務所のお客様の場合、電子申告自体は①住基カードも②ICカードリーダライタもなくても可能ですが、5,000円控除を受けるには、どうしても「住基カード」だけは必要になります。</b>

今回の減税を機会に住基カード・ICカードリーダライタ等の活用をお考えの方にはお勧めですが、それ以外の方には少々お勧めしがたい制度であります。

最新記事一覧へ

アーカイブ