トピックス

ビジネスレター

親方の経営手帳

シニア世代の住宅市場

国内人口は2010年を境に減少に転じていますが、一方で65歳以上の高齢者の数は増加し続けています。特に全人口に占める高齢者の比率は上昇が著しく、「国立社会保障・人口問題研究所」によれば、2033年には65歳以上の高齢者が国内人口の32.5%(約500万人増加)に達すると見られています。従って、高齢者が国内の経済活動において、重要なポジションを占めることは間違いありません。

また、2012年8月に博報堂が「退職済みで、かつ退職金を消費に使った団塊世代」を対象に行ったアンケート調査によれば、退職金の使い道は「国内旅行53.3%」「海外旅行37.7%」に続いて「リフォーム・建替え34.9%」が3位となりました。(複数回答可)

高齢者向けリフォームの中で多いのが、住宅内の段差解消や手すりの設置といったバリアフリーリフォームが一般的です。また、バリアフリーリフォームには、部屋間の温度差を小さくする「温度のバリアフリーリフォーム」などもあります。
その他、最近増加しているリフォームとしては、「減築」があります。これは、子どもが家を出て、夫婦二人では住まいが大きすぎる場合に行われます。

このように、今後増え行く高齢者への提案の幅を広げ、ビジネスに繋げていくことが必要ではないでしょうか。
「国内では数少ない“広がっていく”マーケットを逃すわけにはいきません」

最新記事一覧へ

アーカイブ