トピックス

ビジネスレター

月刊院長先生

医療機関の広告規制

医療機関は、非営利等の特殊性から広告・広報が規制されていますが、ウェブサイトについては規制の対象外でした。しかし、美容医療のトラブルの相談件数の増加を背景にウェブサイトについても規制の対象となりました。

◆医療に関する広告規制の見直し


※1 比較広告、誇大広告、客観的事実であることを証明できない内容の広告、公序良俗に反する内容の広告を禁止
※2 患者による医療に関する適切な選択が阻害されるおそれが少ない場合は、省令で限定列挙規制の例外とするとこができる。詳細については、医療関係者、消費者代表等を含む検討会においてご議論いただく予定(一定の条件を満たすウェブサイト等を想定)。

(厚生労働省資料)

情報を容易に発信することができるようになった反面、情報過多による医療機関の競争が激化しています。
規制強化に配慮した上でのウェブサイトの開設やリニューアル等をご検討するには良い時期ではないでしょうか。

 【文責 西澤和弘】

最新記事一覧へ

アーカイブ