トピックス

ブログ

熊ちゃんが税について吠える!

いよいよきたる年末調整‼

こんにちは。未来経営の熊井です。

今年も残すところわずか2カ月、ちょっと早いですが、いよいよ年末調整の時期が近づいてきましたね。
年末調整においてどこも毎年一番大変なことは、とにかく資料が集まらないことだと思います。

そこで今回は、年末調整の必要書類について一通りおさらいしたいと思います。

まずはじめに、以下の書類を準備してしましょう。
・H29年分とH30年分の扶養控除等(異動)申告書
・H29年分の保険料控除申告書
上記の書類は、出来れば11月後半あたりから従業員さんに配布して記入してもらえると良いですね。昨年集めた書類を添付したり、パソコンから名前や住所が印字済みのものを出力して渡してあげると、よりミスが少なく、早めに集まるかと思います。
(注意点)
以下についてもきちんと記載してもらってください。
本人、配偶者や扶養親族のマイナンバー(昨年記入してもらっている人は除きます)
配偶者や扶養親族の収入の見積(マイナンバー制度の導入により、扶養の誤りについてはこれまで以上に税務署から厳しく指摘されることと思われます。)

また、以下の書類についても集めなければなりません。
・前職の源泉徴収票(今年入社した人)
・生命保険料控除証明書
・地震保険料控除証明書
・国民年金の社会保険料控除証明書や国民健康保険等の支払額を証明する書類
・住宅ローン控除の必要書類(住宅借入金等特別控除証明書、申告書、借入金の年末残高証明書)
等々(他にもありますが、特に代表的なものについて触れておきます)
特に、前職の源泉徴収票が前の会社からもらえていない、保険料の控除証明書を紛失してしまう等により、期限までに揃えられないということも多いです。早めに準備を進めてもらえば、前の会社に連絡して源泉徴収票を交付してもらったり、保険会社に請求して紛失した控除証明書を再交付してもらうこともできます。

以上、是非資料は早めに揃えて、安心して年末を迎えられるようにしたいものですね。

最新記事一覧へ

アーカイブ