トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

銀行が10日間休みになると言うこと

ご存知のとおり各銀行とも5月1日の前後(4月27日から5月6日まで)10連休になります。この間ATMは動かし、現金の出し入れはできるようですが、たとえネットバンキングであっても振込みはできません。これが会社にとってどんな影響が出るのか想定してみました。

1. 給与計算と支払い日

たとえば4月25日締めの5月5日払いの会社があったとすれば、振込み日が4月26日に前倒しされます。いつ計算をし、いつ振込むのか何か工夫しないとどうにもなりません。自社の締日と支払日を確認して対応策を考えてください。

2. 窓口が大混雑

連休前後の4月25日、26日や5月7日の窓口と駐車場の混雑ぶりは相当なものと思います。各社ネットバンキングを利用されていると思いますが、税金の支払いだけは納付書で行っている例が多いのではないでしょうか。対応策を考えてください。

3. 現金の用意

ATMは動かすようですが、設置場所によっては現金切れで出金はもちろん入金もできない可能性が指摘されています。飲食業や小売業など現金商売の場合、釣銭をどうするか、現金仕入金、現金売上金をどうするか考えておく必要があります。

4. 支払日と入金日

4月末日期限の手形や引き落としは5月7日に決済になります。支払側は後払いですから問題はありませんが、受取側は遅れて入金になります。26日に前倒して支払う給料などの資金繰りをどうするか考えておく必要があります。(ちなみに給料が5日払いの場合、4月は2回給与振込み日があります。)

(文責:飯沼新吾)

最新記事一覧へ

アーカイブ

正社員募集|マイナビにてエントリー受付中!