トピックス

セミナー情報

生き残るために事業の抜本見直しと増収対策

法改正が介護業界を激震! 第2弾
~小手先のサービスでは生き残れない介護、医療連携で利用者の本当のニーズに応えるためには~

セミナーのポイント

  • デイサービスなどの居住系も、老健などの施設系もそれぞれの裏事情を知ると見えてくるものとは
  • 病院も、老健も連携を望んでいるわけとは
  • 今後を模索している介護事業所が目指すべき方向とは
  • 全職員参加の介護事業経営とは
  • 2018年同時改定の徹底予測と戦略策定
講師紹介

酒井 麻由美(さかい まゆみ)

株式会社ヘルスケア経営研究所 副所長

2002年にヘルスケア経営研究所入職。市場調査も含めた病院・介護施設等の経営改善策の提案および実行支援を中心に担当。更に、介護施設や介護事業所及び有料老人ホーム等の新規立ち上げ支援も行い、収支計画の作成から届出実務、開設までの職員研修及び営業活動支援や職員研修(管理者・新人・実務者)を通じた職員の意識改善にも力を入れている。氏は、医療・介護どちらにも細かく精通しており、多くの医療介護経営者に支持されている。

「生き残るために事業の抜本見直しと増収対策」のセミナー内容

開催日時 平成28年1月26日(火)13:30〜16:30(受付13:00)
開催場所 安曇野市穂高6765番地2 穂高交流学習センター「みらい」
講師 株式会社ヘルスケア経営研究所 副所長
酒井 麻由美
参加費 関与先様・C-MAS会員様:お一人様 5,000円(税込)
一般:お一人様 8,000円(税込)
※2名以降お一人様5,000円
持ち物 特になし
定員 50名
締切 平成28年1月18日(月) ※定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
最新記事一覧へ

アーカイブ