トピックス

ビジネスレター

介護と経営

食事サービス

食事サービスは、介護事業所の人気を左右する大きな要素ひとつです。「食べる」ことはただ空腹を満たすだけでなく、「味や食感」「香り」「食材の彩」「調理や食事の風景・音」など五感が刺激される楽しいひと時です。
一方、一人ひとりの利用者の体調や身体機能、さらには食事にかかるコストなどを考慮しながら、五感を刺激するメニューを提供し続けることはハードルが高く、頭を悩ませている介護事業所は多い事と思います。

これらの介護現場のニーズを満たし介護事業所の悩みを解消してくれる、介護関連製品の開発が今進んでいます。

1. 高齢者向け食材供給サービス
管理栄養士が高齢者の栄養価に合せて作成したメニューが数百種類あり、郵送された食材はそのまま開封か湯煎で温めるだけでそのまま盛り付けられるため、経験のないパートの従業員でも短時間で簡単に調理できます。しかも、手作りや業者委託と比べコストダウンにつながるケースが多いようです。

2. 高齢者向け栄養補助食品
噛む力、飲む力が弱くなった利用者には栄養補助食品の活用を考えてみてはいかがでしょうか。フルーツ風味のゼリー、カニ雑炊、野菜スープなど各社工夫した商品が幅広く用意されています。

1.2のタイトルでインターネット検索するとさまざまな会社がヒットします。一度検索してみてはいかがでしょうか。

最新記事一覧へ

アーカイブ