トピックス

ビジネスレター

介護と経営

消費税増税対応の介護報酬改定が4月よりスタート

いよいよ4月より消費税増税となりますがみなさん準備は万全でしょうか。消費税増税に
伴い介護報酬も4月より見直されます。

基本報酬上乗せ率0.63%
主に基本報酬の上乗せによって行われます。主な上乗せ率は次のとおり。
デイサービス0.7%、訪問介護0.5%、訪問看護0.47%、居宅支援0.42%
老健0.72%、特養0.56%、全体の平均で0.63%
たとえば、デイサービスの通常規模型で7-9時間の要介護2の場合811単位→817単位と6単位増加します。また区分支給限度額も0.7%前後引き上げられます。

悩ましい食費などの値上げ問題
利用者から直接費用を徴収している食費や居住費などの実費負担相当額は事業所ごと自由に決められます。このため今回の消費税増加分をいくら値上げするかといった問題があります。デイサービスは競争が激化しており「食費の値上げは避けたい」といった声もあり悩ましい問題となっております。

介護報酬改定が決まり増税1ヶ月前となった今、消費税増加により経費がいくら増えるのか、介護報酬アップにより収入がいくら増えるのか、食費などをいくら値上げするのか、経費削減や営業努力による収入増などでいくらカバーできるのか、今一度検討してはいかがでしょうか。

最新記事一覧へ

アーカイブ