トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

熊本県に寄付したい

熊本大地震の被災者に心よりお見舞い申し上げます。
牛伏寺断層と松本城を合わせもつ松本市民としては、とても他人事とは思えません。私個人としても、全体からすれば大した金額ではありませんが、義援金をお送りしたいと思っています。さてどこに送れば良いのでしょうか。

1. 自治体への寄付【おすすめ度★★★】

熊本県や災害市町村への災害義援金は、「お礼の品ナシ」のふるさと納税に該当します。つまり所得税や住民税の計算を通じて、一定の限度額までは、ほぼ全額が税額控除されます。もちろん限度額を超えても減税効果はあるので、できるだけの寄付をお願いします。またワンストップ納税制度の適用により確定申告しなくても年末調整のみで所得税や住民税の計算に反映される場合もあります。「ふるさとチョイス」などのふるさと納税サイトからも申し込めますし、そこからカード決済での寄付も可能です。

2. 日本赤十字社や中央共同募金会、日本財団などへの災害義援金【おすすめ度★★】

災害義援金の場合「ふるさと納税」と同じ扱いで所得税や住民税に反映されます。ただし所得税などの計算に反映させるためには確定申告が必要で、申告時には受領証の添付が必要となります。金融機関で払い込んだ振込票の控を保管しておいてください。
その他団体への寄付が控除の対象になるかは、そこのホームページをよく読んでください。場合によっては対象とならないケースもあります。

3. 山雅の選手による街頭寄付やマイルとかポイントのネット寄付【おすすめ度★】

いずれも簡単に寄付が可能です。選手との握手のオマケも付くでしょう。ただ所得税などの計算には残念ながら反映されません。まとまった寄付は上記1,2がお勧めです。

最新記事一覧へ

アーカイブ