トピックス

ビジネスレター

月刊未来経営

消費税分の積み立てをしてください

消費税が5%から8%に増税されてから、すでに半年以上経過しますが、実際に消費税の申告書を提出すると、その納付額の多さにビックリされると思います。

たとえば3月決算の法人の場合で、年間に納める消費税が例年500万円ぐらいであった場合、今後はおよそ800万円になることが予想されます。ここまでは当たり前ですね。
ここから本番ですが、仮に昨年の年間税額が500万円超の場合、年間3回の中間納税があります。この中間納税は前年に納めた5%時代の消費税が計算の基礎になりますから、1回に納める消費税は約125万円(500万円÷4)となります。そうすると3回の中間納税で納めた消費税は約375万円となりますから、最後に納める税金は、なんと800万円-375万円=約425万円となります。125万円、125万円、125万円ときて425万円ですから、皆さんびっくりされます。
3%分多くなることは予想していらっしゃるかと思いますし、理屈もご理解いただけるのですが、とにかく最後に納める消費税の破壊力にびっくりなさいます。これは8%になって一巡するまで、これから1年以上その影響がでると思います。

一体いくらになるか、ある程度予想して別によけておかないと、いざ納税のときには大変です。担当者とよく相談され対策をお立てください。

最新記事一覧へ

アーカイブ